So-net無料ブログ作成

2014歓送迎会の挨拶は?乾杯や締めの言葉のサンプル例文を (少人数・歓送会編) [挨拶]

2014年も年度末になりました。歓送迎会の挨拶、特に歓送会での「乾杯の音頭」や「締めの言葉」はどんな風に話せば良いでしょうか。

hanataba1e.jpg

1. 乾杯の音頭

数名から10人前後の少人数での宴会では、
乾杯の音頭はそんなに堅苦しくしなくてもいいでしょう。

会社や勤務先の同僚や上司、
部下などが異動で転勤になるなどの場合は、
数名から10数名くらいで、居酒屋などで歓送会をすると思います。

最近は個室を予約できるところも多いですよね。

大衆居酒屋よりは少しシャレたお店で見送ってあげると、
送られる方も嬉しいことでしょう。

このような会では、乾杯の音頭は
本当にシンプルにするといいと思います。


◆上司の異動・転勤の例

例えば「秋山課長が横浜支店から名古屋支店に異動になる場合」で、
部下が乾杯の挨拶をする場合を考えてみましょう。

【例文】「えー、秋山課長、名古屋支店への栄転
おめでとうございます。
今まで本当にありがとうございました。
お疲れ様でございました。


秋山課長に一番ご面倒をおかけしたり
お世話になったのはおそらく、この私だと思います。
右も左もわからない自分に、
いつも丁寧にご指導くださいました。


名古屋に異動になるというのが今だに、
本当に全く信じられません。
寂しい限りでございます。


この先、私は誰にすがっていけばいいのか
今から途方に暮れておりますが、
秋山課長、新しい部署に行かれましてもどうか、
お体にお気をつけてご活躍くださいませ。


今後また、どこかでご一緒する機会があるかと思いますが
その時はどうぞよろしくお願いいたします。


それでは、秋山課長の今後のご健勝と
ご活躍をお祈りしまして、乾杯!


という感じだと思います。


ポイントとしては「短めに
ということですね。

少人数の会で、あまりだらだらと、
しかも皆さんにコップを持たせた状態で
話し続けるのは疲れてしまいますよね。

2分前後を目標にするといいでしょう。


2. 締めの言葉

締めの言葉も、基本的には同じ感じ
でいいと思います。

ただ多少、長めに話しても
いいかもしれませんね。

その人と初めてかかわった時、
その人との思い出やエピソードをはさみながら、
今後のご活躍について応援する、
というスタンスでいいと思います。

乾杯と違って、「今後のこと」を
長く話してもいいでしょう。

そして最後は無難に「一本締め」をすると
シマるかもしれませんね。


異動にしろ、定年退職にしろ、
寿退社や中途退社も、「お別れ
ということには変わりありません。

「その人と過ごした時間の楽しさや懐かしさ」や、
「その人が去ってしまう寂しさ」、
そして「その人を気持ちよく見送ってあげる
という気持ちで心から話すと良いでしょう。


◆寿退社の例

例えば「事務の女性、松山さんの寿退社」で、
同僚の男性が話す場合を考えてみましょう。

【例文】「えー、松山さん。
このたびはご結婚 おめでとうございます。


いつも明るくてテキパキと仕事をこなす松山さんは、
本当に仕事のできる素晴らしい女性だなと思っていました。


私の出来の悪い報告書類のミスを
いつも見つけてくれて、
申し訳ないと思うと同時に
本当にいつも助かっていました。


そしてこれからは、
松山さんの笑顔が見られないかと思うと
本当に寂しくて仕方ありません。


今後は是非とも幸せな家庭を築いていただいて、
また新しい人生を楽しく歩んでいってくださいませ。


本当に今までありがとうございました。

松山さんの末長いお幸せとご健勝をお祈りしまして、
最後に一本締めで締めたいと思います。


それでは皆様、お手を拝借しまして、
よーお、パン!


という感じですね。



続きは「3. 少人数の歓送会での挨拶のポイントは?」へ



スポンサーリンク









3. 少人数の歓送会での挨拶のポイントは?

少人数での歓送会でのポイントは、
繰り返しになりますが「堅苦しくなく
そして「親しみをこめて」だと思います。

基本的な挨拶としては、
乾杯にしろ締めの言葉にしろ、

(1)事実 (異動・転勤、退職)

(2)今までの事 (過去のエピソード)

(3)今後の事 (ご活躍をたたえる)

という流れで良いのではないでしょうか。

心をこめて本当の気持ちを発すれば、
必ず思いは伝わると思います。


スピーチだからといって苦手意識を持たずに
素直な気持ちを出すことが
結果的に素晴らしいスピーチになる
そういうことも多いでしょう。

ただ、話す内容はある程度準備しておいて
それを効果的な順番で話せるといいですね。

結婚式のスピーチなどでも同じです。

話の盛り上げや、聴いている人を引き付けるには
テクニックの部分も、もちろんあります。

それでも、最後は「
なんですね。

スピーチのテクニックについては
こちらを参考にしてください。

 ⇒ 感動させる結婚式のスピーチの書き方


それでは素敵なご挨拶をしてくださいませ。


また、旬の話題を取り入れた
忘年会の挨拶の仕方のサンプルなどは、
次の記事をご覧くださいませ。

 ⇒ 会社などの忘年会での挨拶 2014年版は?


>> このブログの目次へ戻る



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。